猫はあまり新しいことを覚えるのは得意ではありません。自分から心地よい場所を見つけて移動するのは好きだったりしますが、あくまでも自発的に行動からの学習が基本です。そのために猫をしつけするのは難しいわけですが、やはり、トイレの場所はしっかりと教えたいものです。そこでトイレのしつけ方を紹介しましょう。

猫のトイレのしつけ方は!?

トイレのしつけの話をする前に、少し猫の性質についてお話しします。猫のトイレは排泄とともに、ニオイによって仲間同士と情報を交換しています。つまり、自分の縄張りはここだと他の仲間に示すわけです。特に、子猫の場合、初めて連れてきた家にはその縄張りがありませんので、あちこちで用を足してしまいます。これは困りますよね。ここからが重要なポイントです。

このとき、片付けた尿や糞を、決めたトイレの場所に置いてニオイをつけてやります。これは先ほど説明した猫の性質を利用するわけです。猫に自分が用を足した場所を覚えさせると、あとは自分から同じ場所でするようになります。

他の用を足した場所は消臭剤などでニオイを消しておきましょう。最初のうちは水を飲ませたり、餌を食べさせたりした後に、飼い主が猫を引っ張ってトイレに連れて行ってやるといいです。こうすれば猫がどこで用を足しかかを確認できます。用を足さないときは少し時間を置いてから試すといいです。

それと猫はきれい好きなので、尿や糞がいっぱいあるトイレは避けます。せっかく覚えさせても、トイレが汚れていたら用を足しませんので、トイレはいつも清潔を心がけてください。

猫に合った猫砂を選ぼう

猫のトイレに猫砂を使う飼い主も多いと思いますが、猫砂は猫に合ったものを選びましょう。猫はデリケートな動物なので、砂の肌触りが気に入らない場合などがあります。好みでないようなら、別の猫砂を選んであげるといいです。お勧めなのはトイレに流せるパルプ製です。ニオイもつきにくく、すぐに処理できるので後片付けが楽です。




■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。