「プリシラ」 砂漠のあだ花または、マドンナリリー!?

シドニーに住むドラッグ・クイーンのミッチは、最近なんだかショーでも実生活でもうまくいかない運気をかえようと、昔馴染みに声をかけられたのを幸い、カジノでのパフォーマンスの仕事のため、二人の仲間―性転換者のバーナデットと、若くて騒々しいフェリシアを道連れに、1台のバス「プリシラ号」をチャーターし砂漠を縦断する旅に出ることにした。

この作品は厳密に言えばミュージカルではないかもしれませんが、ミュージカルの定義である『歌や踊りでストーリーが展開し、登場人物の心情を表現する』という点では、立派にミュージカルしています。

意外な配役?

主人公ミッチ役は、「ロード・オブ・ザ・リング」でのエルロンドやマトリクスのエージェント・スミスを演じたヒューゴ・ウィービーング。バーナデッド役は、「スーパーマン」のゾッド将軍、またはスター・ウォーズ エピソード1のバローラム最高議長。フェリシア役は「タイムマシン」の苦悩する科学者を演じ、16歳ではボディビル大会で優勝したこともある、筋肉マン。

そんな厳つい男たちが、奇抜とだけでは表現できないスパンコールばしばし、時には電飾までつけたドレスに身をつつみ踊り狂っているのですから、笑わずにはいられません。

時には涙するとしても

劇中で彼女たちは常に「笑って」います。もちろん彼女たちとて人の子ですから、自分の道を貫くため親兄弟と縁をきったり、見知らぬ人から時には罵られることもありますし、時にはその大きな身体を胎児のようにまるめて、泣きぬれる夜もあるのです。

けれどもひとたびステージに立てば。髪を高々と結いあげ、ド派手なドレスに身を包み、ドーランとチーク、ルージュにアイラインにアイウブロウにつけまつげで武装して、眩いスポットライトを浴びれば。彼女たちは誰よりも輝く存在となるのです。それがたとえ一夜の夢だとしても。

ぜひ「彼女」たちの雄姿をみてください。ともに歌ってください。踊ってもいいです。そしてどうぞ、一緒に笑ってください。

■商品紹介
・タイトル:プリシラ The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert 
・レンタル先:ツタヤ
http://www.tsutaya.co.jp/works/10001674.html

※上記データは記事公開時点のものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。