そばかすの特徴

そばかす

室内で浴びている紫外線もそばかすの原因に……


 
そばかすは頬や目の周り、そして腕や肩や背中などに散らばるようにできる薄茶色の小さな斑点状のもの。雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。

白人に多いイメージですが、日本人でも色素の薄い色白の人に見られます。加齢に伴ってできるシミとは異なり、幼少期などのわりと早い時期に現れて思春期をピークにだんだんと薄くなるのが特徴です。両親のどちらかにそばかすがある場合は子供にもできやすく、遺伝的な要素が強いとされています。


 

そばかすの原因

先天的な要素の強いそばかすですが、発生後は紫外線による影響が見え方を左右します。人の肌は紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化し、メラニンと呼ばれる色素が生成されます。このメラニン色素は肌を紫外線ダメージから守ってくれるとても大切な存在なのですが、過剰に生成されたり、ターンオーバーによって排出されずに皮膚に残ることでシミやそばかすを発生させます。

特にそばかすは紫外線によって量が増えたり、色が濃くなったりしやすいので、日々の生活においてより一層の注意が必要です。

 


そばかすの対策

まずは、紫外線による影響を受けない環境づくりを! 外出時のUVケアはもちろん、知らず知らずのうちに浴びてしまう生活紫外線への対策もしっかりと行いましょう。さらに紫外線の強い季節は、美白効果のある化粧品を取り入れることも有効です。受けてしまったダメージは、肌に溜め込んでしまう前に早めにアプローチすることが大切です。

そばかすは年齢とともに薄くなる場合が多いのですが、スキンケアのやり方次第では目立つ存在になることも……。特にクレンジングや洗顔時のゴシゴシ洗いは禁物です! 肌に負担をかけないようにやさしくケアすることを心がけましょう。

また、妊娠中はホルモンの影響からそばかすができやすくなります。出産後には消えたり薄くなったりするのがほとんどなので問題ありませんが、肌が敏感になりやすいのでなるべく作用の穏やかなアイテムを選び、いつも以上にしっかりとした対策を行いましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。