動きのあるへびの置物

 

 

ダイソーやドラッグストアなどで売っている洗顔用のまゆ玉を使って、へびの置物を作ってみました。


材料

  • まゆ玉8個
  • 黒いビーズ(あれば。なければ油性ペンでOK)
  • 金色の絵の具(なくてもOKですが、あるとかなり違います)
  • 赤色の油性ペンまたは絵の具
  • 木工用ボンド
  • 輪ゴム
  • カッター

作り方

1-1)
顔と尻尾を先に作ります。
<顔>
undefined

 

まゆを正面から見ると正円になる向きに持ち、上から3分の2の位置あたりに切り込みを入れます。下あごの縁は内側にすこし折り込みます。ちなみに正面から見たとき、口が「ω」になっているとリアルですし、かわいいです。

1-2)
<尻尾と舌>
undefined

 

尻尾は細くしたいので、まゆの穴から三角形に切り込みをいれ、ボンドでくっつけながら円錐に近い形へと曲げます。輪ゴムでボンドが乾くまで固定します。また、切り取った三角形の部分をさらに細長い棒状にカットし、先端を二股にして舌にします。油性ペンや絵の具で赤く塗り、顔部分の下あごの内側にボンドでくっつけます。

2)
身体の部分をボンドでくっつけていきます。まゆの穴の縁にボンドをつけ、ぐいぐいとねじ込むようにくっつけていきます。ただ、顔と首は穴と穴をくっつけることになるので、位置を考えながら。

3)
上記のパーツのボンドが乾いたら、尻尾と顔を胴体にくっつけ、最後に目をビーズ&ボンドで貼り付けるか油性ペンで書き入れ、背中に指で金色の絵の具を軽く塗ってできあがり。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。