お金がない20代ファミリーの貯蓄術

給料の安い20代家族はやりくりが大変

給料の安い20代家族はやりくりが大変

30代後半に入ってから子どもを授かった家族に比べると、20代でパパママとなった20代ファミリーには、お金の余裕がありません。

もちろん人によっても異なりますが、働き始めてわずか数年で貯めた貯蓄は結婚式で使い切り、将来の教育費やマイホームの頭金、老後資金など人生の3大資金に使うお金はこれから準備することになります。

しかし、お給料もまだそんなに高くないため、家賃や食費、子どものおむつやミルクを買うとあまり貯金をする余裕もない……。そんな悩ましい状況が20代ファミリーの家計の特徴です。

なかなか厳しい状況ではありますが、貯蓄はひとつの習慣です。国からもらえる児童手当分だけは積立するというように、もらえるお金だけでもいいので将来のための貯蓄に回していきましょう。

積立貯蓄の習慣がついたら、あとはお給料が上がった時に昇給分の半分だけ積立額を増やすというようにしていきましょう。一度上がった生活レベルを下げるのは難しいですが、昇給のタイミングであれば負担に感じることなく積立額を増やすことができます。若くて体力があるので、夫婦で協力しながら頑張って共働きを続けるのもマネープラン上の大きな強みになります。

子育て終了後に老後資金が準備できる

若いうちに子どもを授かった20代ファミリーも、育児休業中にライフプラン表を書くことをお勧めします。今は家計的に大変なことが多くても、将来の展望が明るいことがわかるからです。

仮に28歳でパパママになった場合、子どもが大学を卒業するときにはまだ50歳。子育て終了後に60歳まで10年間、65歳までなら15年間働けることがわかります。これから第2子、第3子を出産したとしても、定年前には子育ては完全に終了しそうです。まずは目先の子育てに集中して、何とか教育費を捻出することができれば、二人の生活をのんびり満喫できる未来が見えてきます。

マイホームについても、コツコツと頭金を貯めながら親の援助なども可能な限り利用して、前向きに考えましょう。若いうちにマイホームを購入すれば、30年ローン、35年ローンを組んでも、途中で少し繰上返済をするだけで定年退職前にローンを完済することができます。



【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。