「翔華」結び方手順


全部の羽根が丸く繋がって見えるように仕上げるのがコツです。


翔華

全通の場合はウエストまで

1.手の長さは、手先から二つ目の柄止まりを左脇にして決め、残りの帯を胴に二巻きし、中心で手を上に重ねてひと結びする。手の結び目の近くに飾り紐をかけて、前にあずけておく。








翔華

帯紐は緩まない様にしっかりと結んで

2.帯紐を当てて、前でしっかり結ぶ。











翔華

手先を折った流れを整えながら裏箱ひだを作る

3.手先を中表に3つ折りにして約10センチのところでゴムで止め、残りの帯を折り返して羽根を作り、裏箱ひだ(ひだのとり方参照)をとって、一番奥側の帯紐のゴムに通す。










翔華

3つ折りした方を裏箱ひだで包むように

4.先ほどの3つ折りにした方を折り上げ、裏箱ひだで包むようにして真ん中のゴムに通す。











翔華

なるべく根元から折り上げると長さに余裕ができる

5.たれを根元から折り上げて、左羽根を作る。片ひだ(ひだのとり方参照)を取って一番表側のゴムに通す。











翔華

左右の羽根の大きさを揃えて

6.同じ様に右羽根を作り、一番奥側のゴム(一番下になっているゴム)を引き出して通す。










翔華

帯枕はピッタリと背中に添うように

7.左右の羽根を上に帯枕を当て、帯揚げを掛ける。












翔華

表を向けてひだを取っておいて結ぶ時にねじって裏を出す

8.たれ先に扇ひだ(ひだのとり方参照)を取り、たれを半分に折りながら上に持ち上げ、扇ひだを取った部分を裏返して、あずけておいた飾り紐でしっかりと結ぶ。









翔華

帯締めは全体を押し上げるように当てる

9.二つ折りにしたたれを整え、帯締めを通し、決め線を整えながら前に廻して結ぶ。羽根をキレイに整えて出来上がり。











※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。