「北米のパリ」の異名に相応しい町、モントリオール

見どころが集中する旧市街は、ダウンタウンの観光では外せないポイント

見どころが集中する旧市街は、ダウンタウンの観光では外せないポイント

カナダでも2番目の都会にして、北米最大の仏語文化圏であるモントリオール。観光の中心となるダウンタウンも大きいので、旅の目的に合わせた場所選びが肝心です。

観光に重点を置くなら、旧市街から中華街近辺。ショッピングが目的なら、ダウンタウンの中心サンカトリーヌ通り沿いや、高級ブランド店が並ぶシェルブルック通り沿い。そして、モントリオールをベースにケベックシティなどへ足を伸ばすなら、VIA鉄道のセントラル駅近辺がおすすめ。モントリオールは地下街と地下鉄が非常に発達しており、これらを使いこなせば、かなり自由自在に移動できますが、やっぱり移動は少ない方が良いですよね。

モントリオールの観光やアクセスなどはモントリオールの記事で説明していますので、ホテル選びの際には、こちらもぜひご参考に!

では、そういった立地条件も踏まえ、今回の記事では、デラックスホテル、スーペリアホテル、スタンダードホテルの4つのクラスに分けてご紹介します。

※文章中のホテル料金は2014年12月現在のもの。料金は常に変動しますので、あくまで目安とお考えください。

デラックスホテル1 リッツカールトン・モントリオール

風格を感じさせるその外観は、映画の1シーンのように味わいある雰囲気を醸し出す (C) The Ritz-Carlton Hotel Company

風格を感じさせるその外観は、映画の1シーンのように味わいある雰囲気を醸し出す (C) The Ritz-Carlton Hotel Company

歴史あるホテルだが、新旧うまく融合し、使い勝手の悪さを感じさせないのはさすが (C) The Ritz-Carlton Hotel Company

歴史あるホテルだが、新旧うまく融合し、使い勝手の悪さを感じさせないのはさすが (C) The Ritz-Carlton Hotel Company

世界中で、超高級ホテルの代名詞的な存在として知られており、その洗練されたサービスについてはよく知られているところ。しかしながら、このホテルが2012年で創業100周年を迎え、ニューヨークよりも5年先んじて、北米最初のリッツカールトンとしてオープンしたことはあまり知られておりません。

こうした背景からも、世界中にあるリッツカールトンの中でも特別な存在であり、現在のリッツカールトンとしてのサービスの礎を築いたホテルの一つと言えます。

決して安くはない宿泊料金ですが、それに見合うだけのサービスは得られるはず。

<DATA>
Ritz-Carlton Montreal
住所:1228 Rue Sherbrooke Ouest, Montréal, QC H3G 1H6
TEL:514-842-4212
料金:475カナダドル~


デラックスホテル2 フェアモント・クイーンエリザベス

古城のような外観のホテルが多いフェアモントだが、このホテルは割りと普通 (C) Fairmont Hotels and Resorts

古城のような外観のホテルが多いフェアモント系列のホテルだが、このホテルは割りと普通 (C) Fairmont Hotels and Resorts

フェアモント系列のホテルは、ベッド1台の部屋が多数 (C) Fairmont Hotels and Resorts

フェアモント系列のホテルは、ベッド1台の部屋が多数 (C) Fairmont Hotels and Resorts

バンフスプリングスやシャトーフロントナックなど、カナダ各地にデラックスホテルを網羅するフェアモント系列のホテル。VIA鉄道セントラル駅真上というロケーションは、鉄道で夜遅く到着する人や、モントリオールから鉄道で旅する人にはうってつけ。ダウンタウンのショッピングエリアも至近距離です。

このホテルで欠かせないのは、ジョンレノンとオノヨーコのエピソード。彼らは、1969年、このホテルの1742号室に立て籠もり、「ベッドイン」と呼ばれる反戦活動を敢行。 "Give Peace a Chance(邦題:平和を我等に)" という反戦歌を室内で録音しました。エリザベス女王を始め、数々の要人を迎えてきたホテルですが、この一件が世界的に一番注目を集めました。

<DATA>
Fairmont Queen Elizabeth
住所: 900 Rene Levesque Blvd. W, Montreal, QC H3B 4A5
TEL: 514-861-3511
料金:199カナダドル~