ハーブティーを飲んでみよう

まず初めにどんなハーブから飲んでみるのがよいでしょう? もし、これまでハーブティーをまったく飲んだことがない、または、ハーブティーを飲んだけどダメだった、というかたにおすすめしたいハーブティーは?

ブレンドハーブティーをおすすめします。
ブレンドハーブティーの例

ブレンドハーブティーの例


飲みやすさの点からいっても、最初にまず、市販のブレンドハーブを飲んでみてください。きっと、ハーブティーっておいしいって思えると思いますよ。

私はハーブティーが最初好きになれませんでした。それはハーブティーの香りと味の個性が、そのとき合わなかったからかもしれません。最初にハーブティーがダメだと思うと、そのあと続けて、飲もうという気にはなれないもの。

しかし、ブレンドハーブは、何種類かのハーブが飲みやすくブレンドされています。複数のハーブがブレンドされているので、味や香りを考慮しながら、飲みやすくブレンドされています。

ブレンドハーブティーのなかでも飲み易いのが、ローズヒップ、ハイビスカス配合の軽い酸味があるもの。乾燥リンゴやベリー類といった乾燥果実配合のもの。香料に抵抗のないという方には、香料で風味を微調整したものを選んでみるといいでしょう。

ハーブティーを入れるときは

ハーブティーを入れ、その色の違いも楽しんで

ハーブティーを入れ、その色の違いも楽しんで


まず始めに市販のブレンドハーブを使って、ハーブティーを入れてみましょう。

ハーブを入れるときは、ティーカップ1杯分に対し、だいたいティースプーン軽く2杯程度(ティーキャディスプーンなら1杯)のハーブを使います。

葉、根、花など、ハーブには植物のさまざまな部位が用いられるので、使用部位に合わせて、量と浸出時間を変える必要があります。パッケージなどに表示される1杯の分量を目安にして使ってみるとよいでしょう。また、ハーブは使用部位によって、浸出時間も違ってきますので、こちらも最初はパッケージに書かれた時間で入れてみることをおすすめします。

ハーブティーを、ぜひお楽しみください!

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。