Webメールって聞いたことありますか?

ノートパソコン

特別なメールソフトがいらないGmail

実は、メールは大きく2つに分類されます。

ひとつは、インターネットをひくときに契約内容が書いてある紙をご覧になって設定した「プロバイダーメール」。もう一つは、インターネットエクスプローラーなどからIDとパスワードを入力して見られる「Webメール」です。

メール自体の仕組みは一緒なのですが、メールを見るときに使うソフトが「Outlook」のような専用のソフトなのか、あるいは「インターネットエクスプローラー」のようなWebブラウザを使うのかで区別されます。このような「Webメール」で有名なのが、Googleが無料でサービスを提供している「Gmail」です。


Gmailでできること

Gmailでは、いつも使っているメールでできることは、ほとんでできます。使ってお得なことは、
・無料で使える
・IDとパスワードを設定するだけですぐ使える
・メール専用のソフトが不要。インターネットのブラウザが入っていればOK
・パソコンでもスマホでも同じメールが見られる
・Googleのサーバーに内容が保存されるので、パソコンが故障しても安心


なにやら、いいことばかり並んでいますが、ちょっと面倒くさいこともあります。
・IDとパスワードを取得する必要がある
・IDとパスワードがわかると、誰でも、どこのパソコンやスマホからでも見られる


Gmailはこんなことに使える

「なんか面倒くさそう。今までのメールを使ってればいいんじゃないの?」

確かに普段お使いのメールソフトではないので、どこに何のボタンがあるのか不安ですよね。でも、画面を見ていただくと、「Outlook」みたいな感じなのがおわかりかと思います。

Gmailの画面

Gmailの画面

さらに……たとえば、Gmailを活用している方は、こんな用途で使っています。

・就活専用のアドレスとして、スマホでも
見られる
・インターネット通販専用アドレスとして、
個人のメールアドレスを教えず使える
・イベントなどの募集用受付けアドレスと
して、一過性で使える


昔は、会社でひとつのメールアドレスでしたが、今では一個人が複数のアドレスを使い分ける時代となっています。もちろん情報がばらばらにならず、いろいろなメールアドレスをGmailの設定でひとつの画面に集約できますし、何よりGoogleの強力な検索機能があれば、分類しなくてもOKというずぼらな使い方も許容されます。


Gmailの使い方

いかがですか? Gmailの使い方は、ほとんど「Outlook」と変わらないです。ですが、先ほどお話ししたように「IDとパスワード」を登録し、メールアドレスをゲットする必要があります。

Gmailログイン画面

Gmailログイン画面

1. ここからアカウント作成します
https://accounts.google.com/signup
画面右上の「アカウント作成」ボタンをクリックしてください。

 
アカウント情報登録画面

アカウント情報登録画面

2. 表示された画面の項目全てに記入したら
<次のステップ>をクリックします。

 
プロフィール画面

プロフィール画面

3. プロフィールを入力する画面が出てきますが、「スキップ」して、先ほどもご覧いただいた、画面が出るまで、指示に従ってすすみます。

 

以上で、すぐにGmailが使えます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。