デジタル一眼カメラ/デジタル一眼カメラレビュー

本格的な撮影にまで対応 LUMIX DMC-G5 レビュー(4ページ目)

LUMIX DMC-G5は世界初のミラーレスであったDMC-G1直系の後継機となります。前機種のDMC-G3ではやや立ち位置にゆらぎがありましたが、DMC-G5はしっかりとした撮影ができる機種となっているようです。

清水 博之

執筆者:清水 博之

デジタルカメラガイド

高感度機能はOM-D E-M5と競うレベル

画質面をチェックしてみましょう。これまでマイクロフォーサーズ機は高感度に弱いとされてきましたが、その評判はOM-D E-M5(レビュー:ミラーレスの完成形 オリンパス OM-D E-M5レビュー)によってほぼ覆されました。

DMC-G5 ISO1600

ISO1600で撮影した実写画像の切り出し。

DMC-G5でもその路線を踏襲しており、かなり高感度に強いチューニングになっています。ISO1600は充分に常用範囲内といえるでしょう。ISO3200は被写体によっては困ることもあるかな……といったところ。それでもカラーノイズがそれほど入らないので、縮小前提であればISO6400まではなんとかなるでしょう。

OM-Dのレビューに使った実写画像とも比較したのですが、DMC-G5のほうがわずかに高感度時のノイズが多いようです。

画像の傾向は基本的に地味という印象です。そのフォローとしてクリエイティブスタイルを用いるという撮影方法をオススメします。クリエイティブスタイルで撮影した画像は実写画像一覧をご覧ください。あるいは画質の設定を常にVividにしておいてもいいかなとも思うことがありました。

とはいえ、地味すぎて困るというわけでもなく、むしろ個人的には好印象であったと感じました。

DMC-G5 バッテリー

バッテリーライフはCIPA準拠で310~320枚。やや弱め。

おっと、最後にバッテリーライフもチェックしておきましょう。電動ズームレンズを装着した場合のCIPA準拠の撮影可能枚数は310枚。ただし、非電動のズームレンズを装着した場合も320枚とほとんど変わりません。

1日であればそれなりに撮影できるといったところでしょうか。ヘビーな撮影をするのであれば、予備バッテリーをひとつ用意しておいた方がよいと思います。

まとめ - パパママの気楽な撮影にも本格的撮影にも耐えられるミラーレス

先代のDMC-G3はボディが薄型に振られたこともあって、GFシリーズとの立ち位置が中途半端になってしまったのですが、今回のDMC-G5はコンセプトがはっきりしていて面白い機種だと感じました。

ファンクションレバーによる電動ズームや、タッチパネルでのさまざまな操作など、コンパクトデジカメからのステップアップユーザーに対して、高画質で使いやすいという受け皿になってくれる製品といえるでしょう。

DMC-G5 電子水準器

地味に電子水準器機能も搭載されています。

その一方でがっちりとしたグリップや豊富なクリエイティブスタイル、あるいはファンクションレバーによる露出補正のしやすさなど本格的な撮影にも耐えられる仕様となっています。

特に動画撮影時の電動ズームによるスムースなズームイン/アウトは他のデジタル一眼カメラにはない特徴といえるでしょう。

 

【関連記事】
パナソニック LUMIX DMC-G5 実写画像

【関連サイト】
パナソニック LUMIX DMC-G5

【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon で人気のデジタル一眼カメラをチェック!楽天市場で人気のデジタル一眼カメラをチェック!
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます