4.「D-FUSION」シリーズ ~チョコレートと他素材との組み合わせ

チョコレートと様々な素材とのマリアージュを楽しめるシリーズです。
D-Fusionシリーズ6種BOX

D-Fusionシリーズのキャレ6種BOXとペペロンチーノのタブレット
D-Fusionシリーズ6種ボックス 500円(税込)

<ラインナップ>
・赤唐辛子を使った「ペッパー」
・コーヒーフレイバーの「カプチーノ」
・ナチュラルなミントを使った「ミント」
・プラリネを使った新作「プラリナート」
・人気のミルクチョコレート2種「ラッテサル」「ジャヴァブロンド」
(合計6種類)

そしてファンが多い人気のミルクチョコレートがこちら。
ドモーリのミルクチョコレート

ドモーリの2種類のミルクチョコレート。それぞれ大変美味!
ラッテサル 50g 788円(税込) ジャヴァグレー 25g  399円(税込) 

・「ラッテサル」 エクアドル産「アリーバ」のミルクチョコレート。ゲランドの塩がアクセント。
・「ジャヴァグレイ」 ジャワ島産クリオーロ種で作られた「ジャヴァブロンド」にチロル地方の牛のミルク(ハーブを食べて育つ)をブレンドした個性派ミルクチョコレート

さらに2013年11月に日本で新作が買えるようになりました。
「ダマン」社の紅茶3種とドモーリのクリオーロ種3種のマリアージュです。
ドモーリとダマン

ドモーリの厳選チョコレートと紅茶のマリアージュ 3種
各25g 735円

・「ジャスミン&カノアーボ」
・「アールグレイ&プエルトマーレ」
・「コクリコグルマン&チュアオ」(Coquelicot Gourmandはダマン社の、ひなげしやヤグルマギク等の花の香りのブレンドティです)

クリオーロ種のカカオの繊細な味わいと紅茶が上品にマッチング。あくまでも主役のカカオを、紅茶の仄かなフレイバーがそっと引き上げています。

5.カシャーヤとジャンドゥーヤ

その他の人気アイテムをご紹介します。
カシャーヤ

焙煎したクリオーロ種のカカオ豆「カシャーヤ」 100g 1491円(税込)

焙煎したカカオ豆そのものです。シングルオリジナルシリーズの6種のカカオ豆のミックスなので、お洒落なミックスナッツ気分でいかがでしょう? お酒にもあいます。
ジャンドゥーヤ

ドモーリのチョコレートを使ったジャンドゥーヤの数々

ドモーリ社がある、イタリア・トリノの名物チョコレート「ジャンドゥーヤ」、「ジャンドゥーヤペースト」です。ドモーリのチョコレートにヘーゼルナッツペーストを練り込んで作られています。甘さがあり、食べやすいチョコレートです。

数あるドモーリのチョコレートたちをシリーズでご紹介しましたがいかがでしたか?

細かいチョコレートの味わいの違いは、また別の機会に改めてご紹介したいと思いますが、まずカカオの個性を比べてみたいという方にお薦めなのは、シングルオリジナルシリーズの「サンビラーノ」と他の一種を比べてみることです。どちらの酸味が強いかわかる筈ですよ。クリオーロシリーズは「ジャヴァブロンド」と何か一種を比べてみると、違いが明確に感じられると思います。お気に入りのワインを探すように、お気に入りのチョコレートを見つけてみましょう。

「日本人は繊細な味覚を持っているから好き」と語るフランゾーニ氏は、日本好きで、日本を訪れるたびに、様々な食材を食べて、新しい発見をしているそうです。

現在もフランゾーニ氏はチョコレートの品質向上を願い、世界中から品質の高いカカオを選び、栽培し、チョコレートを作り続けています。今後の新作チョコレートの登場にも、大いに期待できそうです。

※価格は全て2012年現在のものとなります。時期により変動しますので、随時ご確認ください。

<関連記事リスト>
チョコレートのおすすめ店
バレンタインのおすすめチョコレート
ホワイトデーのおすすめチョコレート
サロン・デュ・ショコラのおすすめ
チョコレート関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。