過払い金請求、ピークは過ぎた

過払い金、最近どうなっているの!?

借り入れていたお金の利息に対する過払い金、ピークは過ぎましたがまだ対象になる人はいます。

2010年の改正貸金業法の完全施行で、金利の上限が下がり、金利の引き直しを可能にするようなお金の借り方ができなくなりました。これにより、過払い金返還請求訴訟は徐々に減っており、完全にピークは終わったといえます。

過払い金とは、金利の上限を定める法律の矛盾によって生まれた、グレーな金利部分に生じます。改正貸金業法の完全施行前は出資法の29.2%を上限金利と定めていましたが、同時に利息制限法の定める20%(借入金額により18%、15%)も上限金利と定めており、この上限金利の差がグレーな部分でした。

過払い金返還請求が減ってきているとはいえ、現在もまだ、とり行われています。しかし、
状況は少し変化してきているようです。

過払い金は全額戻らない!?

過払い金返還請求が注目を浴び始めたころは、消費者金融の体力もある程度あったため、比較的早めに全額を返還してもらえるというケースも多くありました。

しかし、記憶にも新しいと思いますが消費者金融「武富士(現在TFK株式会社)」の破たんにもあるように、この過払い金の返還と、改正貸金業法で総量規制という年収によりお金を借りられる上限金額が決まる規制ができたことで、今までのようにお金を貸せる人が減ってしまったということなどが影響し、貸金業者は経営難だったり、破たんしたりという状況に追い込まれました。

改正貸金業法施行から2年半たった今では、消費者金融の貸出金額が上昇し、経営状況は緩やかに回復してきているという報告もありましたが、まだまだ慎重な姿勢は崩しません。

今年、破たんした武富士に過払い金が発生していた人に対し、過払い金の弁済は3.3%しかありませんでした。100万円の過払いが発生していたとしたら、3万3千円しか返還されないことになります。同じように、過払い金の4割しか返せないなどと主張したり、また返還までも半年以上の時間が必要となっていたりと、経営がうまくいっていない様子が見受けられる業者も出てきています。