少量の里芋を使いたい時に簡単な方法

 

 

 

 

 

 

里芋入りの豚汁が大好きな我が家。豚汁は一度にたくさん作るので里芋の量も大量。慣れのせいか、母は素手でもかゆくならないといいます。が、少量のときは、簡単に皮がむける下処理を知っていると便利です。

  1. 里芋を洗います。
  2. スチーマーに入れて(ふわっとラップに包んで)電子レンジで加熱。小ぶりな里芋なら5個で5~6分程度です。
  3. 加熱した里芋を流水にさらして粗熱を取ります。
  4. 皮をむきます(敏感な人は酢水で手を濡らしてから)。

煮物などに使う場合はやっぱり生のままむきたいですよね。その場合は買ってきた里芋を洗って、新聞紙などに広げてしっかり乾かしてから使うと良いそうです。かゆみの原因となるシュウ酸カルシウムは、水分でその結晶が流れ出るとのことで、乾いたまま扱うことでかゆみを防ぎます。

それでもかゆくなるという敏感な方は、全工程を通して薄手の手袋をしてください。かゆくなってしまったあとは、酢水や塩、重曹を塗ると良いそうです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。