環境の変化でもしもの時に備える!

生理用品

生理用品

女性にとって旅行の際に一番気にする事の一つに突然始まる生理が挙げられるのではないでしょうか。環境が変わると体調も変化して、予定外の生理が始まることもしばしば。

そんな緊急事態の際に日本ならばどこにでもコンビニがあるので、すぐに現地調達出来ますが、ドイツは1996年まで「閉店法」という法律があり、平日は18:30までに、土曜は14:00までに閉店しなければいけませんでした。

その名残で、今は随分と緩和されましたが夜間営業の店というのは大変少なく、24時間営業の店も数える程です。

大きな駅など限られたところにしかないので、緊急の「もしも」に備えてぜひ女性は多めに生理用品を持って行くことをオススメします。

生理用品は様々な種類がありますが、長時間の移動などが考えられる海外旅行ではショーツ型が良いかもしれません。

ついでに、生理痛の痛み止めと痛みを和らげる腹巻きなどもセットで準備しておくと、心配せずに旅行を楽しむことが出来ると思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。