海外旅行の際には、日本製の耳かきを!

耳かき

耳かき

めん棒で耳の掃除をするアメリカでは、日本のような耳かきを見かけません。乾燥した普段と違う空気の場所に来ると耳が痒くなります。

ホテルにめん棒が備えられている所もありますが、普段めん棒で耳を掃除し慣れていないとすっきりしないものです。また、アメリカのめん棒は、先の綿部分が柔らかく、耳かきの要領で強く押すと綿がとれてしまう恐れがあります。

日本で愛用している耳かきを持参すれば、家にいるかのようにリラックスでき、旅行の疲れを癒してくれます。合わせて、ベビーオイルやオリーブオイルなどがあれば、耳かきの後、オイルを塗って乾燥予防ができます。

耳かきは竹製、銅製、鉄製などがありますが、銅や鉄などの金属性は手荷物に入れて置くと空港の手荷物検査でチェックされることがあります。できれば、竹製のものを持参してください。

日本にいるときはどこでも手に入るアイテムが、旅行中ではなかなか手に入らないものです。アメリカは、忘れ物をしても大抵のものは現地で補充できますが、耳かきはなかなか手に入りません。

忘れがちなアイテムですが結構重要です!

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。