日本らしくぽち袋に入れてチップを置いておくのもよし

 

 

欧米に旅行をする時、日本にはあまりないチップの習慣に戸惑う人も多いと思います。特にホテルでは毎日チップを置くほうがいいのか?置くとしたら何ドルくらい?など悩むことも多いですよね。

ホテルでは、ベッドメイキングや掃除のためにだいたい1日につき、1~5ドルのチップを置いておくのが相場のようです。メイドさんの時給は、チップを考慮して安めに設定されていることが多いそうなので、チップはできれば置いておくほうがいいようですね。でも、ベッドの上にお金をそのまま置いておくのもなんだか寂しい気がしませんか? そんな時、日本らしいぽち袋に入れてチップを置いておくのはいかがでしょうか。

毎日使うのはちょっと難しいかもしれませんが、例えば宿泊の最終日など「ありがとう」のメッセージとともにチップを入れたぽち袋があれば、きっとベッドメイキングの方も喜んでくれるのではないかと思います。ちょっとしたことですが、自分がもしホテルの従業員だったらと想像した時、外国の方からこういう心遣いがあったらうれしいですよね。

それ以外でも、日本を感じさせる和雑貨は外国では喜ばれることが多いです。ぽち袋はかさばるものではないので、ポーチの中にでも一つ二つしのばせておくと、役立つ機会がきっとあると思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。