今年もストールやマフラーが手放せない季節となりました。過去にストールとマフラーの巻き方を執筆した時、とても多くの方に読んでいただき、今でも人気の記事となっています。そこで、今年の冬もネックウエア、巻きモノの選び方、巻き方のコツについて書きたいと思います。今年のテーマは、2012年の冬におすすめのマフラーとその巻き方です。

ストールはもう古い!?マフラーが復活

ここ数年、秋冬だけに限らず春夏でも人気のあるアイテムにストールがあります。長方形や正方形の薄手の織物を首に巻くのが流行りました。あなたもストールを一枚は持っていませんか?でも、今年の冬はストールではなく、あえてマフラーを使っていただきたいと思っています。なぜ、ストールではなくマフラーなのか?その一番大きな理由は今のトレンドがモードやコンテンポラリーなものではなく、ベーシックでカジュアルのものに変わってきたことがあります。カジュアルでありながら洗練されている、オーセンティックでありながら色や柄、デザインは現代風にアレンジされているものが人気となっています。だから、この冬にはネックウエアも昔ながらのマフラーを身に着けてもらいたいのです。

マフラー

今まで人気のあったストールにかわり、今年の冬に注目したいのはマフラー。


おススメのマフラーはプレイド・チェック柄

まず、最初の今年におすすめしたマフラーはプレイド、つまりチェック柄のものです。数あるチェック柄の中でも、注目の柄はタータンチェック。タータンチェックはスコットランドの民族衣装に使われているチェック柄で誰もが見ればすぐに、これかとわかるもので、格子の大きさや色の組み合わせによって全く違う雰囲気を表現できます。中でもおすすめしたいのは、グレイやブラックといったダークなカラーにレッドやブルー、イエローなどカラフルな色を織り交ぜたタータンチェック。もしくは、ワンカラーのトーン違いの格子で織ったトーン・オン・トーンのものです。これらのプレイドのマフラーは、ワンループという一番シンプルな巻き方で巻くのがベスト。格子柄のマフラーをあまり凝った巻き方にすると、やり過ぎ感が出てしまうからです。


タータンチェックのマフラー

おススメのマフラーの柄はタータンチェック。グレイやブラックといったダークなカラーにレッドやブルー、イエローなどカラフルな色を織り交ぜたものがイチオシです。ワンループで巻きます。



次のページでは、今年の冬おススメのマフラーとその巻き方もう一つご紹介します。