基本的にお礼を渡す場合には、自分たちでなく両家の親を通して「よろしくお願いします」という挨拶とともにお礼を渡すようにしましょう。何が必要かは前もって確認し、式の前に用意しておかなくてはなりません。
 

お礼を渡すべき相手と相場は?

■司会者
結婚披露宴の司会を頼んだ人には3万円程度のお礼を用意しましょう。たとえプロでなくても事前の準備などは大変ですので、それなりのお礼を準備しておくようにしましょう。式が始まる前に両家の親から、「よろしくお願いします」と挨拶をかねて渡します。

■受付をお願いした友人
お互いに受付をしようなどと約束している場合は別ですが、結婚式前から友人代表として受付をしてもらう友人にもお礼を用意しておきましょう。3000円から5000円程度が相場です。こちらも親が受付の前に渡します。

■仲人
近年は減ってきていますが、結婚を取りまとめてくださった場合には、ご祝儀にいただいた額の倍返しだといわれています。

お礼のスマートな渡し方は?

基本的には結婚する自分たちではなく、両家の親からお礼をかねて渡します。高額のお礼には格の高い結びきりの水引が付いた封筒に入れてお渡しします。千円単位のお礼にはポチ袋などを使ってもよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。