相手によってお車代を渡すべきタイミングが異なる

「お車代」とは、交通費・宿泊費などを指します。仲人・媒酌人、主賓・乾杯の発声をお願いする方、遠方からのゲストにお渡しすることになります。

■仲人・媒酌人
仲人や媒酌人をお願いした方には「お礼」と「お車代」をお渡しします。「お礼」はいただいたご祝儀の2~3倍、「お車代」は「仲人・媒酌人のご自宅から会場までハイヤーで往復した場合」「遠方の場合には新幹線で往復した場合」に相当する額を包み、別の祝儀袋に入れてお渡しします。

かつては挙式後2~3日中、新郎新婦と両家の親がご自宅にお伺いしてお渡しするのが礼儀とされていました。最近は、披露宴後に別室でお渡しすることが増えています。

■主賓・乾杯の発声をお願いする方
主賓・乾杯の発声をお願いする方へのお車代は「自宅から会場までハイヤーで往復した場合」「遠方の場合には新幹線で往復した場合」に相当する金額をお渡しします。ただし、ご自宅が会場から近い場合でも、1万円以下の金額をお渡しするのは失礼ですので、少なくとも1万円以上をお渡しします。

新郎新婦は、式が始まる前に主賓にご挨拶をするのが難しいので、主賓が受付を済まされた後に、出席をお願いした家の親がお車代を渡すという方法があります。また、受付担当者にお車代を入れた祝儀袋を預けておき、主賓が受付を済ませた段階で渡してもらうという方法もあります。

■遠方からのゲスト
交通費・宿泊費の半額から全額を負担します。ご招待の段階で「何をどのくらい負担するのか」をお話しした上で、出欠を含めてお考えいただくようにします。

お渡しする方法は、航空券や新幹線のチケットなどを事前に手配してお送りする、宿泊の手配を事前にしてその内容をお伝えする、などです。ゲストが先にチケットを手配してしまった場合、改めて現金でお渡しする必要が出てきますので、できるだけ早めに手配することが大切です。

現金でお渡しする場合も、事前に銀行に振り込んで、ゲストの負担が軽くなるよう配慮しましょう。どうしても事前に渡せない場合は、結婚式当日、受付担当者から渡してもらうという方法もあります。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。