あぁ、残念!アルク「子ども英語ジャーナル」がもうすぐ休刊

子どもの英語教育に関する唯一の月刊誌が平成25年2月の発行をもって休刊になってしまいます。とても残念なことになりました。このシリーズは、2000年に創刊された「kids com.」が始まりです。休刊の知らせを聞いて、私は、当時の子どもの英語教育の先生たちの注目を浴びたことを思い出しました。

kids

「子ども英語」の時代が長く続いた。

それまでは子どもの英語教育に関する特定の月刊誌はありませんでした。「子ども英語」、「子ども英語ジャーナル」と名前は変わりましたが、子どもの英語教育に注目が集まり始めたころに創刊された月刊誌です。月刊誌の名前は2回変わりましたが、内容はいつも子どもの英語教育の最前線の情報と、子どもに英語を教える先生たち向けの指導アイディア、絵カード教材、ワークシート、音声CDが付いていて、編集にも手間のかかったものでした。なくなってしまうのは本当に惜しいです。

休刊ですから、しばらく休刊したあとに、再び発行されるのかと編集部に尋ねたところ、未定ということでした。今のところは難しいようです。

紙ベースの月刊誌の役割がすでに終わってしまったのか?

当ウェブサイト、All About「子供英語」のように、ネット上で最新情報をすぐに発信できるようなシステムや、デジタル教材、iPadアプリのようなシステムが台頭してくると、紙媒体そのものの役割が薄くなってきたのかもしれません。また、2011年4月からの小学校外国語活動の必修化が影響している可能性も否めませんね。この必修化以前は、教材もカリキュラムも何もない状態でしたので、子ども英語に関する情報や、教材、指導アイディアはとても貴重なものでした。現在は、どんどん新しい教材が開発されてすでに飽和状態。まだまだ子ども用英語教材の種類が少ないのはiPad用のアプリだけです。絵カード、CD、DVDなどはもう新しいものではありません。

最新の英語教育情報はネットで手に入ります。新しい教材情報もネットですぐに手に入ります。月刊誌の情報よりも数倍早くゲットできます。そしてネットの場合は、ほぼ100%が無料であること。この不況時代に合っています。

kids2

「子ども英語ジャーナル」もあと2号で終了

外国語活動として英語が必修化されましたので、なぜか今、子ども英語教育業界全体の雰囲気がいったん落ち着いているという感じです。あのテンション高かった英語教育熱、教材開発熱、研修セミナー熱がなくなって、よくわからない平穏な風が吹いている感じがします。私が「よくわからない」と書いたのは、「これでいいのかな」という疑問も含みます。まだまだ課題も多くある外国語活動なので、アルクの「子ども英語ジャーナル」のような第三者としての立場からの客観的なインタビュー記事や、英語教育における、公教育と民間教育をつなぐ役割は大切であると思います。