石川尚の「気になるデザイン」

『原点』こころのデザイン 日本の傑作椅子 写真集03




(引用:別冊商店建築78「日本の木の椅子」,p44,商店建築社発行)



まるで学生時代を思い出すような直木材+ひもによる椅子。全てをそぎ落とした単純な形状には素朴さと民族的な匂いを感じる。

この椅子は、未だ物資も加工の為の機械もない戦後間もない1952年に日本のデザイン界をリードし続ける渡辺力氏の処女作である。

ナラ材の直線フレームに綿ひもを前後左右に編み込み形成される座と背のいたって簡単な部材による構成だが、座の傾斜、眥の傾斜、そして何よりも座高300ミリという低さが特徴だ。
ひもによる低い座面には座布団を置いてクッションの代わりに使用する様はいかにも日本の住まいの佇まいにピッタリのイージーチェア(休息椅子)である。
木材やひも素材を他のものにし、組合せを変えると別のイメージが湧いてくる日本の名作椅子。学生たちの教材としても楽しめる椅子でもある。


■ ヒモイス(1952年)
・デザイン:渡辺力(1911- )
・ 製造/販売:横山工業
・サイズ :W730 D530 H725 SH300
・素材  :ナラ材、綿ロープ
・仕上  :クリアー塗装仕上げ




石川尚の気になる「デザイン」日本の傑作椅子・バックナンバー
↓ 日本の傑作椅子 写真集02
・超ロングセラー「ダイニングチェア」1955年


↓ 日本の傑作椅子 写真集01
・日本土着的椅子:「ガマイス」1972年


↓ ー『原点』こころのデザインー
・日本インテリアデザイナー協会の50周年記念テーマ



☆掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
(C)2001-2008 Copy & Photo byイシカワデザイン事務所  All rights reserved



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。