コストの安さと使い勝手のよさが両立

わたしのオススメは断然、住信SBIネット銀行です。

■手数料が安い
外貨預金では、円→ドル、ドル→円といった通貨の両替に為替手数料をとられます。たとえば、外貨預金口座に1万ドル預金するのに必要な金額は、為替手数料が1ドルあたり1円、為替レートが1ドル=80円なら、81万円になります。また、同じ手数料、レートで、1万ドルを払い戻したとき、受け取る金額は79万円です(※)。このように、預け入れ、払い戻しで2回分の手数料がかかるので、為替手数料が1円なら、為替レートが2円以上円安にならないと損失が出ます(金利を無視した場合)。

※実際には預入レート81.00円、払戻レート79.00円のように、手数料込みのレートが表示されます。

住信SBIネット銀行の為替手数料(1通貨単位あたり、2012年3月13日現在)は、下記のように最安値水準です。
住信SBI   米ドル0.09円 ユーロ0.15円 豪ドル0.40円
ソニー銀行 米ドル0.25円 ユーロ0.25円 豪ドル0.50円
楽天銀行  米ドル0.25円 ユーロ0.25円 豪ドル0.45円
三菱UFJ   米ドル1.00円 ユーロ1.50円 豪ドル2.50円

■金利が高い
住信SBIネット銀行なら金利も最高水準。1年もの定期預金の金利(2012年3月13日現在、税引前)で比較してみましょう。

住信SBI   米ドル0.464% ユーロ0.350%   豪ドル4.885%
ソニー銀行 米ドル0.2875% ユーロ0.27055% 豪ドル2.7855%
楽天銀行  米ドル0.230% ユーロ0.270%   豪ドル3.56%
三菱UFJ   米ドル0.010% ユーロ0.100%   豪ドル2.35%

■取引しやすい
住信SBIネット銀行の外貨預金のトップページには、各通貨の預入レート、払戻レート、レートの前日比、普通預金金利、定期預金(6カ月)金利が、すべて一覧で表示され、表示レートの横には注文画面へのリンクボタンがついています。レートの動きを分析するためのチャートを表示するリンクボタンもありますし、注文方法も、リアルタイム、指値(8日間以内で期間指定可能)、逆指値、複合指値など、いろいろ選択できます。たとえば、現在より安い(高い)レートで注文したい場合、指値注文しておけば、値動きを監視しなくても、レートがそこまで動いたとき自動的に約定するので、とても楽です。

※記載されている情報は、投稿された時点のユーザーからの情報です。
また、外貨投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。