外貨投資とは

最近の円安の流れを受けて、外貨投資について「少しだけ挑戦してみよう!」「いろいろ種類があるけど何が違うんだろう?」などと考えていらっしゃる方も多いと思われます。

外貨投資とは、その名の通り外貨建ての金融商品で運用をすることです。外貨建て資産と円建て資産に分散しておくことによって、自己資産の極端な目減りを防ぐことができます。

当然ながら、外貨建ての金融商品には為替リスクがあります。為替の変動によっては、為替差益が狙えるかわりに元本割れが起こる可能性もあることを忘れないようにしてください。

「円高で預け、円安で引き出す」「為替レートや手数料について理解する」ことが外貨投資では、基本となります。今回は、外貨だての金融商品の中でも挑戦しやすいと思われる外貨預金と外貨MMFについて詳しくご紹介したいと思います。

外貨(定期)預金とは
「米ドル」や「ユーロ」の他に、「英ポンド」「豪ドル」など、銀行にもよりますが様々な通貨の種類があります。一般的に、円預金と比べると金利が高めに設定されています。(円預金金利 < 外貨普通預金金利 < 外貨定期預金金利)

外貨預金を取扱っている銀行で、外貨用の口座を開設し「円→外貨」へ交換します。その際の換算レートは、米ドルならば「為替手数料の1円※」を加えたものとなります。つまり、銀行間の取引レートが1ドル=133円の場合、換算レートは、134円となるのです。

※銀行や通貨の種類によって異なります。