赤ちゃん連れのお出かけで欠かせないベビーカー。しかし、自分のカバンに加え、おむつ、おしり拭き、哺乳瓶などの赤ちゃん用の荷物、さらに買い物の時には買い物袋……荷物は増えるばかりなのに、ベビーカーのカゴが小さい。そんな悩みはありませんか? そこで、今回は荷物がよりたくさん入るベビーカーの中から5点をご紹介します。

※表示価格は税込価格、2012年12月現在の価格です。

容量の大きさではこれがダントツ!
グレコ(GRACO) シティカーゴ

グレコundefinedシティーカーゴ

座面はポロシャツのようなメッシュ生地が使われている


容量の大きさではこれがダントツです。スーパーの買い物カゴをそのまま入れることができるので、ベビーカーで買い物に行ったときにもカゴが持てないと悩まなくてすみますね。収納スペースを広げた状態ですと、紙おむつ2パックと、自分のカバンぐらいは余裕で入ります。幌も前まで被り、値段もお手頃なのも魅力。カゴの容量が大きいのに、ベビーカーの全体的なフォルムとしてはどっちかというとスリムな印象なのも惹かれます。

考慮すべき点としては、重さの兼ね合いもあるからか、車輪が小さめなので、操作の耐久性が若干心もとないかも。後は、ベビーカーを畳むときに手元のロック解除をずらしながら握るという作業が手が小さいママや力が弱いママではやりにくいかもしれません。また、広げるときも片手だけでは広げ切れない部分があるので、お子さんを抱きながらたたむことがある方には不向きかもしれません。そこは今後改善されることを期待したいところです。

【商品データ】
使用年齢:1ヶ月~3歳
背面式
カゴの積載重量:10kgまで
カゴの容量:52L(収納スペースを広げた状態)
値段:2万9797円(>> Amazon.co.jp
商品ページ


>> さらにお手頃価格の大型カゴベビーカーをご紹介します