我が家も妻である私が家計を管理しています。結婚当初から私が家計を見ていたので自然な流れで決まりましたが、夫にはお給料日にひと月分のお小遣いを用意しておき、封筒に入れて渡しています。

我が家の小遣い制の仕組み

■お小遣い額の決め方:
まず毎月の収入額から必要経費を全て引いてみます。主人のお小遣いの希望額を照らし合わせてみるとよいと思います。主人は一家の大黒柱であるため、あまりにも窮屈な暮らしをさせるのも気が引けますが、毎月赤字になるのは辛いところです。
我が家でも結婚当初と現在のお小遣い額を比べると、3万円ほどダウンしました。管理職になって残業代がなくなったり、娘の育児費用がかかるようになったためなどです。しっかりと話し合えば、理解してもらえると思いますよ。

■お小遣いでまかなってもらう費用:
主人は営業職なので、ほとんど昼食は外で食べるようです。基本的に外食費とゴルフなどの遊興費(家族レジャーは含まず)、タバコ、飲み代などを含めて渡しています。

■お小遣いを渡すタイミング:
全てお給料日に銀行などに割り振るようにしているので、そのついでに主人のお小遣いも全額を用意して封筒に入れて渡すようにしています。主人は必要に応じて封筒から2万円、3万円と抜き出して使っているようです。


お小遣いの上手なやりくりポイント:

■お小遣いが不足した時の対応:
会社員ですのでスーツやシャツ、カバンや靴などは傷んできたらその都度買い替えるようですが、だいたいカードで支払ってくるので、そこは家計で持つようにしています。
また、基本的に使い捨てのコンタクトレンズ代はお小遣いから出してもらうようにしていますが、出費がかさむ月は出してあげています。医療費は家計持ちです。

■お小遣い制に対して夫の理解を得る工夫:
ゴルフが好きで月に3回ラウンドすると、完全に月末にお小遣いが足らなくなるようで、本人もセーブしているようですが、何か家計に臨時収入があった時などには、無理にならない程度に主人にも臨時収入をあげるようにしています。
お付き合いも多いようですが、なんとか毎月渡した額で頑張ってくれていますよ。

※執筆者の家族構成:主人、私、娘(幼稚園)、犬
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。