ブルターニュ地方最大の街 「レンヌ」

レンヌ

レンヌ

18世紀に大火で街の半分が焼失したものの、今も独特の木骨組造りの建物が立ち並びます。特に旧市街は散策に最適です。サン・ピエール大聖堂や裁判所など見所が多い上、お洒落なカフェやショップも充実していて、1日いても飽きません。

旧市街のプラス・ド・リス(闘技場広場)で毎週土曜日の午前6時~午後1時に開かれているマルシェはフランスで2番目に大きいフード・マーケット(旧市街へは徒歩30分。メトロならレンヌ駅から3つ目、サンタンヌ(Sainte-Anne)駅下車)。ありとあらゆる食材が売られていて、見て歩くだけでも楽しめます。ブルターニュ地方特産のガレット屋台も多数出店しているので、ぜひ味わってみてください。

■行き方
鉄道でパリ・モンパルナス駅からレンヌ駅へ1時間に約1便。所要時間は2時間~2時間30分。※早期割引チケットあり。但し、変更不可。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。