iPhoneの「Siri」で、あらゆる意味で便利な機能といえば「リマインダー」です。使い方は簡単。まずはSiriに「覚えておいて」と頼みます。

1. 覚えておいて

■音声で操作したい機能
リマインダーの機能

■割り当てられた音声
”わかりました。内容を教えてください”
”リマインダーを作成します”

■例文
自分:覚えておいて
Siri:わかりました。内容を教えてください。
自分:家に着いたらメールをチェックする
Siri:リマインダーを作成します。

タスク 家に着いたらメールをチェックする。

2.家に着いたらメールをチェックするのを覚えておいて

■音声で操作したい機能
リマインダーの機能

■割り当てられた音声
”そこに着いたときのリマインドを作成します。”
”リマインダーを作成します”

■例文
自分:家に着いたらメールをチェックするのを覚えておいて
Siri:そこに着いたときのリマインドを作成します。

リマインダー メールをチェックする。

3.今日の午後8時に店を予約するのを覚えておいて

■音声で操作したい機能
リマインダーの機能

■割り当てられた音声
”今日の午後8時のリマインダーを作成します。”

■例文
自分:今日の午後8時に店を予約するのを覚えておいて
Siri:今日の午後8時のリマインダーを作成します。

日付が表示され「店を予約する」と出る。
これで確定を押して、今日の午後8時になると知らせてくれます。

4.母に電話するのを覚えておいて

■音声で操作したい機能
リマインダーの機能

■割り当てられた音声
”リマインダーを作成します”

■例文
自分:.母に電話するのを覚えておいて
Siri:リマインダーを作成します。作成してもよろしいですか?

タスク 母に電話をかける。

5.今日の午後7時半に父に電話をして

■音声で操作したい機能
リマインダーの機能
電話をかける

■割り当てられた音声
”今日の19:30のリマインダーを作成します”

■例文
自分:今日の午後7時半に父に電話をして
Siri:今日の19:30のリマインダーを作成します。作成してもよろしいですか?

日付を表示。「父に電話をして」と出る。
19時半になると知らせてくれ、発信ボタンを押すだけで相手にかかります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。