Gmailで他のPOPメールを読めるようにする

Gmail

 

Gmailを利用する方は、プロバイダで割り振られたものなど、他のメールアドレスを持っていることが多いと思います。この設定をしておけば、Gmailから他のメールアドレスを読むことができますし、バックアップにもなって便利です。

Gmailにログインし,歯車アイコンから設定画面に遷移

  1. Gmailにログインすると、画面右上に歯車のアイコンが表示されています。
  2. このボタンをクリックすると、メニューがひらくので、さらに「設定」をクリックしてください。
  3. 画面が遷移したら、「アカウントとインポート」タブの真ん中くらいにある「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリックします。
  4. 別ウインドウが開くので、プロバイダなどからの通知されているメールアドレスや、パスワード、サーバを入力して設定完了です。

受信したメッセージのコピーをサーバに残す

ここで注意したいのは、「受信したメッセージのコピーをサーバに残す」にチェックを入れるということです。Gmail以外のメールを、Thunderbirdなどのメーラーやプロバイダで用意しているWebメーラーで読んでいる場合、このチェックを入れておかないとメーラーにメールを受信できなくなってしまうのです。もちろん、メールは全てGmailで見ると決めたのであればチェックを入れなくても問題ありません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。