京都の伝統を今の住宅で再現した「平成の京町屋」。最後のページでは庭をご覧ください。
庭、町屋

涼しげに見える庭。水を配することで「空気の流れ」を作っている。

和室、庭、町屋

和室からこのように見える。腰高窓ではなく、この高さにあるのが素敵だ。

庭、町屋

これは「遊ぶための庭」。庭を配することで部屋が外とつながる。

普通のリビング

一見普通のリビング。床材が少し珍しい??

フリースペース、町屋

実は屋外とつながるフリースペース。車庫利用可能な素材となっている。

平成の京町屋を見学できる「KYOMO」では、現在3棟のモデルハウスが見学可能。平成25年春には「平成の京町屋普及センター(センターハウス)」が竣工して合計4棟が見学できるようなります。認定制度があり補助金もでる(先着順)ことになった「平成の京町屋」がまとめて見学できる「KYOMO」はJR「京都」駅中央改札口から徒歩7分。秋の京都観光と合わせてご覧になるのはいかがですか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。