国宝の建築美と紅葉のライトアップが幻想的

浄土式庭園の美しい紅葉

写真1.浄土式庭園の美しい紅葉

紅葉が美しい季節になってきました。いわき市にある白水阿弥陀堂は、平安時代後期の代表的な阿弥陀堂建築です。建築としての美しさはもちろんですが、浄土式庭園内の季節の花や紅葉も見応えがあります。

東日本大震災の影響により、この7月まで阿弥陀堂と阿弥陀堂内の木造の修理を行っていましたが、現在では拝観も再開され、2012年の11月10日~11月20日までの10日間限定で紅葉のライトアップを行うことになりました。

ご縁があり照明設計は中島龍興照明デザイン研究所が担当しました。主催者は白水阿弥陀堂紅葉ライトアップ実行委員会(リプロ内郷企業組合内)で、期間中の週末にはふるさと産品、物産展も開催されます。

ライトアップされた樹木によって浮かび上がる阿弥陀堂

写真2.ライトアップされた樹木によって浮かび上がる阿弥陀堂

照明器具は全てLED照明を使用して、電力はソーラーパネルを利用する計画です。照明のコンセプトは阿弥陀堂の歴史性を強調するライトアップを行い、庭園を歩きながら紅葉を楽しんで頂けるように樹木のライトアップを行います。樹木の特徴に合わせた光の広がりと光色を使い分けることで、より荘厳な雰囲気を演出するライトアップの計画となっています。

この秋に紅葉を見に行きたいと思っている方は、昼間の紅葉も夜の紅葉もお勧めです。ぜひご覧頂ければと思い、今回は予行演習時の写真を速報でご紹介させて頂きました。照明計画の詳細は「国宝白水阿弥陀堂 ソーラー発電の紅葉ライトアップ」にて解説しておりますので、こちらも併せてお読みください。
水面に写り込む大イチョウ

写真3.水面に写り込む大イチョウ


【白水阿弥陀紅葉ライトアップ】
日時:2012年 11月10日(土)~11月20日(火)
時間:17:30~20:00
※昼間の拝観は8:30~15:30

ふるさと産品・物産展:11月10、11、17、18日 10:00~ 
※期間中の17:30~20:00まで、平日も売店はあり。

【交通情報】
・電車でお越しの場合
JR常磐線「内郷駅」下車 徒歩30分 駅前にタクシーあり

・車でお越しの場合
常磐自動車道「いわき湯本I.C」から約7キロ
※駐車場には制限があるため、混雑状況によってはお待ちいただくことがあります。

【住所】
福島県いわき市内郷白水町広畑219

【関連記事】
国宝白水阿弥陀堂 ソーラー発電の紅葉ライトアップ
紅葉狩りのすすめ
夜祭りとLED

Copyright(c)中島龍興照明デザイン研究所. All rights reserved
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。