出産後の医療保険加入

出産後に医療保険へ加入する場合でも条件が付くことも

出産後に医療保険へ加入する場合でも条件が付くことも

妊娠していることで医療保険加入が条件付きになるくらいなら、出産した後に医療保険へ加入しようと考える人もいるかと思います。

出産後に加入する場合、正常分娩での出産であれば、おそらく部位不担保等の条件が付くことなく加入できます。しかし、異常分娩での出産となると、出産後に医療保険へ加入しようとしても、条件付きになる可能性が高いです。

加入時に、条件が付きそうな妊娠・分娩等に関係するものとしては、帝王切開や吸引分娩、鉗子分娩、悪阻、子宮外妊娠、早産、流産等があります。中には一定期間経過していれば不問の場合もありますが、注意は必要です。


女性の場合、妊娠してからだと医療保険加入に条件を付けられる可能性が高く、出産後も正常分娩以外だと条件を付けられる可能性が高いことから、医療保険で安心した備えをするのであれば、妊娠する前に加入しておくことが無難と言えます。なお、医療保険以外の死亡保険やがん保険では、妊娠中だから条件が付くというようなことは基本的にありません。
※医療保険に加入できるかどうかは保険会社が所定の基準にて判断することであり、また各保険会社によって判断基準は異なります。詳しくは保険会社へ直接確認してください。


【関連記事】
年代別女性の医療保険の考え方
医療保険の告知書、中身をチェック!
もうすぐ結婚、私の医療保険はどうしよう?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。