以前の記事でご紹介しました「不動産統合サイト」がついに平成15年10月8日に「不動産ジャパン」という名称でオープンされました。

国土交通省の主導の下、財団法人不動産流通近代化センターの運営で構築され、参加しているのは、全国の大多数の不動産業者が加盟している業界4団体です。

不動産業者間情報ネットワークである「レインズ」に比べると、まだまだ物件数は劣るようですが、一般の方がご覧になれるサイトでは最大規模のものと言って差し支えないでしょう。

この原因としては、サイトへの登録が各業者に任されているため、不動産業者のIT化の遅れやサイトへの登録業務への対応の遅れがあげられます。

しかし将来的には100万物件を越えるようなサイトになると予想されています。