雑貨好きは必見! 人気の大型量販店、ターゲット

店内の案内看板やカート、スターバックスまでが赤を基調にデザイン(アラモアナセンター店)

店内の案内看板やカート、スターバックスまでが赤を基調にデザイン(アラモアナセンター店)

赤い二重丸の的が目印の「ターゲット」は、アメリカで人気のディスカウントストア。衣料品や生活雑貨、キッチン用品、家具、家電、おもちゃ、コスメなど、広い店内にすっきりと並べられた商品は、どれもデザイン性に優れ、しかもリーズナブル。ディスカウントストアの枠を超えたおしゃれな品揃えで、雑貨好き、買い物好きは外せないショッピングスポットです。

有名デザイナーとのコラボも! ハイセンスなインテリア雑貨

大人気で品薄だったマグノリアとのコラボコーナー(アラモアナセンター店)

大人気で品薄だったマグノリアとのコラボコーナー(アラモアナセンター店)

まずチェックしたいのが日用品&雑貨のコーナー。2017年に登場した自社ブランド「Project 62」をはじめ、実用的で、かつ、安くてハイセンスなアイテムが見つかります。なかでも注目は、有名デザイナーとのコラボブランド。本家ブランドよりもリーズナブルに入手できるとあって、ローカルも大注目のアイテムです。

2017年にコラボをスタートした「Hearth & Hand with Magnolia」は、全米で人気のリノベーションテレビ番組に出演する夫妻のインテリア雑貨ブランド、マグノリアマーケットとのコラボで、モダンファームハウスがテーマ。

シンプリー・シャビーシックのシーツは40ドル前後(アラモアナセンター店)

シンプリー・シャビーシックのシーツは40ドル前後(アラモアナセンター店)

Simply Shabby Chic」は、レースや花柄を使ったアンティーク調デザインが人気のライフスタイルブランド、シャビーシックのセカンドライン。本家では400ドル以上する掛けふとんカバーが80ドル~。さらにお手頃なピローケース、ブランケット、タオル、バス用品なども要チェックです。

まとめ買い必至のベビー&キッズウェア

お土産にもピッタリなベビーグッズ(ホノルルウエスト店)

お土産にもピッタリなベビーグッズ(ホノルルウエスト店)

ハワイで子供服を買いたい!というママも、ぜひ、ターゲットへ。ベビーウエアには、日本未上陸のカーターズとのコラボブランド「Just One You Made by Carters」がいっぱい! カーターズのお兄さんブランド、オシュコシュのターゲット限定アイテムもあります。自社ブランド「CiRCO」には、ベビー&キッズウエア、シューズ、水着をはじめ、枕やベッドカバー、カーテン、ウォールステッカー、収納用品など子供部屋クッズも揃っていますよ。

ファッショナブルなレディスウエアもチェック!

赤い大きなカートを押しているだけでワクワクする店内(ホノルルウエスト店)

赤い大きなカートを押しているだけでワクワクする店内(ホノルルウエスト店)

ハイセンスなファッションアイテムが並ぶレディスコーナー。トレンドを意識した自社ブランドの「A New Day」は、ワンピースで30ドル台。「Xhilaration」はリラックスウエアが狙い目で、キュートなパジャマやマキシ丈ドレスは10~20ドルのプチ価格。こちらでも有名デザイナーとのコラボは要チェックで、2016年は人気の北欧ブランド「マリメッコ」、2017年はヴィクトリア・ヴェッカムと。もちろん価格はターゲット価格なんです。

カイルア、カポレイにもターゲット

旅行者向けにハワイ土産のコーナーもある(アラモアナセンター店)

旅行者向けにハワイ土産のコーナーもある(アラモアナセンター店)

2018年1月現在、オアフ島でターゲットがあるのは、アラモアナセンター、ホノルル国際空港近くのソルトレイクと島西南部のカポレイ、そして、カイルアです。コオリナリゾートに滞在する人はカポレイ店を。カイルア観光に出掛ける人は、ホールフーズ・マーケットとカイルア店を組み合わせてショッピングを楽しむのもいいですね。

<DATA>
Target(ターゲット)
□アラモアナセンター
住所:1450 Ala Moana Blvd.
TEL:808-206-7162
営業時間:8:00~23:00

□ホノルルウエスト店
住所:4380 Lawehana St. 
TEL:808-441-3118
営業時間:8:00~24:00

□カイルア店
住所:345 Hahani St. Kailua
TEL:808-489-9319
営業時間:8:00~22:00

□カポレイ店
住所:4450 Kapolei Pkwy. Kapolei
TEL:808-457-3679
営業時間:8:00~23:00
Save
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。