見終わったらハッピーな気持ちになったオススメ恋愛映画
「ウェディングシンガー」(1998年アメリカ)

■ストーリー:
結婚式を盛り上げるウェディングシンガーをしているロビー(アダム・サンドラー)は、自分の結婚式当日花嫁に逃げられて失意のどん底。ウェイトレスをしているジュリア(ドリュー・バリュモア)は、結婚式を控えてマリッジブルー。

最初は友達として意気投合した二人だったが……。

■主なキャスト:
サダデーナイトライブ出身のコメディアン、アダム・サンドラー主演。
相手役のジュリアは、キュートなドリュー・バリュモアが演じています。

■オススメの理由:
コメディアンであるアダム・サンドラーの作品ということで基本的にはコメディなので、最初から最後までテンポよく、ニコニコし通し。

舞台は80年代。あえて80年代のちょっとダサい感じなのですが、音楽もよくてラストシーンは本当にハッピーハッピー!

ラブコメっていうジャンルがちょっと苦手だったのですが、なかなか捨てたもんはないなと思える映画でした。変な髪型のアダム・サンドラーがかっこよく見えてくるほどでした(笑)。

2004年にアダム・サンドラーとドリュー・バリュモアという同キャストで「50回目のファーストキス」という映画も作られ話題になりました。これもなかなかですが、やはりウェディングシンガーがおすすめ。この二人のコンビは、ベタですが可愛らしくてよいです。

ブロードウェイでミュージカル化もされ、日本でも2008年にミュージカル化されて上原多香子さんが出演していたみたいです。

終始笑いあり、そしてラストシーンのほっこり感ったら! 見終わったらハッピーになること請け合いの恋愛映画だと思います。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。