映画監督ウィリアム・ワイラー

■ウィリアム・ワイラー作品のオススメ:
  • 『ローマの休日』
  • 『ミニヴァー夫人』
  • 『我等の生涯の最良の年』
  • 『大いなる西部』
  • 『ベン・ハー』
  • 『嵐ヶ丘』
  • 『女相続人』
  • 『噂の二人』
  • 『探偵物語』
  • 『必死の逃亡者』
  • 『黒蘭の女』
  • 『おしゃれ泥棒』
  • 『ファニー・ガール』
など、色々な分野で一流作品を作っています。

■ウィリアム・ワイラー監督を好きな理由:
映画監督はA・ヒッチコックが好例ですが、自分の得意な分野を次々と作っていくのか普通です。ウィリアム・ワイラーのはどれも楽しめます。

レンタルDVD屋さんで何を借りようか迷ったときは、彼の作品を借りるのが無難かもしれません。

■『ベン・ハー』作品概要:
ジュダ・ベン・ハーはユダヤ人で地元の名士、その地に親友のローマ人メッサラが司令官として赴任しました。再会を喜んだ二人ですが、メッサラはユダヤ人の危険分子を密告するようベン・ハーに命令します。同胞を裏切ることはできません。二人の関係はギクシャクしてきます。

些細な事件が起きて(屋根の瓦が落ちただけ)ベン・ハーはガレー船送りとなり、母と妹は牢屋に入れられます。

運命の悪戯でしょう、様々な出来事が起こって、彼は奴隷という身分からローマ軍の司令官アリウスの養子になります。

メッサラと再会し、戦車レースで復讐を遂げます。メッサラは死に際に母と妹がレプラ(難病)の谷で生きていることを彼に告げます。

谷から母妹を救い出した彼は、エスターと4人である宗教家の処刑に立ち会います。その宗教家はなんと、ベン・ハーが絶望に陥りもう死にたいと思った時に一杯の水を与え、生きる希望を取り戻してくれた人でした。

彼は処刑され稲妻が炸裂、大雨が全ての人間の罪を洗い流しました。奇跡が起こり母妹のレプラも治りました。

■『ベン・ハー』主なキャスト:
  • ジュダ・ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)
  • メッサラ(スティーブン・ボイド)
  • クィンタス・アリウス将軍(ジャック・ホーキンス)
  • エスター(ハイヤ・ハラリート)使用人の娘、ベン・ハーに好意を持っている
  • ベン・ハーの母(マーサ・スコット)
あと、ジュリアーノ・ジェンマがエキストラで出ています

■『ベン・ハー』の好きなシーンやオススメの理由:

何といっても戦車レース、圧巻です。このシーンはワイラーではなく、確かA・マートン演出の覚えです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。