空港でのお楽しみ、免税ショッピングとラウンジ

T5

保安検査と出国審査を済ませたら、あとは搭乗時間までリラックス。空港ならではの時間を楽しみましょう!

ここを抜けると、レストラン&ショッピングのエリアになります。免税ショッピングは空港でのお楽しみの一つ。ショップやレストランが充実しているので、空港に付くのが早すぎてもヒマを持て余す事はないでしょうし、むしろ空港を楽しむために、あえて早めに到着するのも良いかもしれません。

ターミナルによって多少ショップは変わりますが、やはりイギリスならではのブランドが充実しています。バーバリー(ファッション)、スマイソン(文房具/革製品)、リンクス(銀製宝飾品)などの高級ブランドから、日本でも人気上昇中の香水ブランド、ジョー・マローンや、キャサリン妃ご愛用の靴ブランド、LKベネットなど手頃な価格帯のものまで幅広く揃っています。また、イギリス土産の鉄板、ハロッズやフォートナム&メイソンの人気商品は全ターミナルに入っているので、ご心配なく。

でも、あれこれ夢中になりすぎてフライトに乗り遅れた!なんてことのないように、まずは搭乗時間とゲートまでの所要時間を確認しておきましょうね。急なゲート変更があったり、ゲートへ到着するまでにシャトルやバスに乗る必要がある場合もあるので、移動は余裕を持って。

参考:各ターミナルのショップ&レストランマップ

ビジネスクラス以上を利用する場合やエアマイル上級会員の場合、エアラインのラウンジが利用できます。特に英系2社のラウンジは、それぞれに趣向をこらしており、オープン時は大きな話題になりました。ラウンジ内にはスパやネイルサロンなどもあるので、少し早めに入ってフライト前にゆっくりリラックスしてみるのも良いですね。

ターミナル3 ヴァージンのラウンジ情報(英語)
ターミナル5 BAのラウンジ情報(英語)


免税ショッピングの裏技!?

最後に、免税ショッピングの裏技をご紹介しましょう。ロンドン滞在中も空港でも十分ショッピングの時間が取れそうにないかも!という人にオススメしたいのが、ヒースロー空港の「リザーブ&コレクト」サービス。事前に買いたいものを予約しておき、空港の免税エリアにある店舗で品物を受け取れるというサービスです。「リザーブ&コレクト」のページから、オンラインショッピングの感覚で簡単に予約することができます。支払いはフライト当日、ターミナル内のショップにて(一部商品は事前に予約金の支払いが必要な場合があります)。

もし、欲しい商品やブランドがリストに無い場合でも、メールで個別に問い合わせれば、予約可能な商品かどうかを確認してくれます。原則的には英語のみの対応のようですが、利用ターミナル内に店舗のあるショップやブランドなら、ほぼ全店に関しての問い合わせに対応しています(2012年9月現在、エルメス以外の全店で利用可)。

出発の72時間前までに、希望の商品リストと搭乗予定の便名を伝えると、在庫手配の可否と見積もりを出してもらえます。何度かやりとりをすることを見込んで、早めに問い合わせを始めておくほうが安心ですね。

<DATA>
Heathrow Airport (日本語)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。