手ぬぐいはもはやアートの域に達している!

 

長谷川町子美術館限定のサザエさんと花火の手ぬぐい。タペストリーにして使っています


我が家は主人も私も子供も手ぬぐいが大好きで、たくさん手ぬぐいをコレクションしています。

手ぬぐいは、長いまま使うのが好きで、切って小物を使ったりはせず、いつも鞄に2枚入れています。

1枚の手ぬぐいで下記のようないろいろなことに使えます。

お出かけ先の使い方

  • ハンカチ代わり(長いので汗かきの人も大丈夫)
  • 首に巻く(日よけにもなる)
  • 食事のときにひざにかける
  • 子供はお食事エプロン代わりに首にかける
  • ちょっと冷房がきつい時、子供の羽織に
  • ペットボトルに巻いて水滴をとる
  • 外で座るときに、下に敷く

家での使い方

  • お掃除のときなど、気合を入れるときに頭に巻く
  • 暑いとき、保冷剤を巻いて首に巻く(タオルより薄くてかさばらない)
  • 家具の目隠しに
  • 使い込んで色があせてきた手ぬぐいは、台所のお手拭や食器ふきんに

我が家では、気に入った柄のもの、季節を感じる柄のものをタペストリーにしています。手軽に替えられてお部屋の雰囲気も変わるのでおすすめです。写真は、長谷川町子美術館限定のサザエさんと花火の手ぬぐいです。タペストリーとして使うための棒やマグネットが売られているので、簡単にできますよ。

変わった使い方としては、私は投稿する際の写真撮影で手ぬぐいを下に敷いて、写真の雰囲気を変えたりしています。

手ぬぐいでかわいい柄がたくさんあるのでついつい買ってしまい、どんどん増えています。旅先でご当地限定の手ぬぐいを買うのも旅の楽しみです。

私のおすすめは、にじゆら、気音間、katakataなどのアーティストもの。最近は海外のデザイナーさんデザインのモダンな柄もたくさんあります。人気のリサ・ラーソンさんの手ぬぐいもありますね。手ぬぐいはもはやアートの域に達していると思います!



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。