抱っこされると笑顔になって息子もご機嫌。
私も怒ったときの嫌な気持ちがリセット

undefined

 

息子を叱った後に、必ずする私と息子の決まりごとが「仲直りぎゅっ」です。

3歳の息子はやんちゃ真っ盛りなので、毎日怒られることもたくさん。いけないことをした時には、お説教をします。

この時に心がけているのが、息子と同じ目の高さで話をすること(それでもたまに忘れて見下ろしたまま怒りますが…)。何を怒っているのか、どうしていけないのか、などを説明すると、3歳児でも意外とよく聞いてくれます。

納得がいかない顔をしたときは逆に、何でそんなことをしたのか、どうしてごめんなさいを言いたくないのかを聞いたりもします。どうしても「ごめんなさい」が言えない時は、大好きなぬいぐるみと一緒に小声で「ごめんなさい」を言わせます。

そして「ごめんなさい」が言えたら、お説教の終わりの合図に「仲直りぎゅっ」と抱っこ。怒られて泣いたり悲しい顔をした後でも、抱っこされると笑顔になって息子もご機嫌。私も怒ったときの嫌な気持ちがリセットされます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。