魚が苦手なお子様でも食べられるさんまのハンバーグ「ぽーぽー焼き」

 
福島のおすすめグルメといえば「さんまのぽーぽー焼き」を挙げます。

いわき市小名浜の漁師料理、郷土料理である 「さんまのぽーぽー焼き」。別名さんまのハンバーグともいい、新鮮なさんまを三枚おろしにしてからタタキにし、刻んだネギを加えて、味噌や生姜で味付けをしたものです。

魚臭さはなく、魚が苦手なお子様でも食べられる 「さんまのぽーぽー焼き」。郷土料理なのでどこか特定のお店のメニューということではなく、いろいろなお店があり、地元のお祭りやイベント、都内近郊で開催される物産展などでも食べられるところが多いので、見かけたら是非食べていただきたい一品です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。