オグリキャップの銅像がお出迎えの競馬場

上京して中央競馬関連の仕事に就き、出身地を聞かれて「笠松競馬場の隣町なんですよ」と言うと、「ド田舎だねぇ~」と言われました。ド田舎なのは間違いないのでそこはグッとこらえて、それよりも笠松けいばが有名なんだということがやはり嬉しかったです。

オグリキャップの出身地ということで有名な笠松けいば。入り口でオグリキャップの銅像がお出迎え。また現在、中央競馬で活躍しておられる安藤勝己騎手も、かつてはここに所属していました。笠松から中央へ、世界へと活躍の場を広げた馬や騎手が数多く存在しており、他の地方競馬場と同じく経営が危ぶまれていながらも、根強いファンの支えで成り立っているのがこの笠松けいばです。

ここでは、そんな笠松けいば愛好者が製作したグッズなども販売されており、まれにレアなグッズを販売したり、無料のグッズをプレゼントする機会もあるとのことで、競馬好きにはたまりません。

また、競馬場をぐるりと囲む堤防沿いは、このあたりでは指折りのお花見スポット。桜の舞い散る美しい光景がとても美しく、桜のトンネルを車でドライブしてもいいですし、電車の車窓から見る風景も格別です。

名古屋や岐阜からもアクセスしやすく、駐車場もかなり広いので、お近くにお立ち寄りの際はぜひどうぞ!

■笠松けいば
〒501-6036
岐阜県羽島郡笠松町若葉町12番地
058-387-3278
http://www.kasamatsu-keiba.com/
名鉄電車笠松駅(特急・急行停車)下車徒歩3分
(名鉄名古屋駅から約25分、名鉄岐阜駅から約4分)
Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。