大自然の中で昔の飛騨を再現した、集落博物館

 

 

高山市の中心部に近く、マイカーはもちろんのこと、定期バス、タクシーのアクセスも便利なので、足をのばしやすいのが「飛騨民俗村・飛騨の里」です。


四季折々にその表情を変化させる、豊かな大自然の中で昔の飛騨の暮らしを再現した、集落博物館なのです。

ここでは、飛騨の里に移築された茅葺き屋根の民家があり、屋根のとんがった合掌造りの家屋や、入母作りの家屋などがそのような構造や仕組みになっているのかを、じっくりと見学することができます。

また榑葺き屋根の民家は7軒。木の幹を裂いた榑板で屋根を葺いた古い民家で、ここでも構造や仕組みを見学できます。

さらに、水車の回るわらび粉小屋、納屋として使われたハサ小屋など、昔の作業小屋などでは、作業道具や、子供達の遊具などを展示しています。

ひとしきり、昔の飛騨の家屋を見学散歩した後は、今度は農山村の暮らしぶりを体験してみましょう。
 

 

それぞれの家屋で、わら細工造り、飛騨名物の刺し子、ヒノキの壁飾り、漬物などの体験やお子さんにも好評な、竹トンボや水鉄砲作り……飛騨の暮らしがとても身近に感じられる、ここでしか味わえない貴重なひと時を過ごせます。

リードをつければ愛犬と一緒に入ることもできます。(民家の中は抱いて下さい)

■飛騨の里
住所:岐阜県高山市上岡本町1-590
電話:0577-34-4711
営業時間:8:00~17:00
定休日:無休
アクセス:JR高山駅からバス約15分
HP:www.hidanosato-tpo.jp/top.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。