大地の力を全身で受ける!「玉川温泉・岩盤浴」

 
秋田のおすすめスポットといえば、玉川温泉の岩盤浴を挙げます。以下私が実際に行った時のレポートを。

青森市内から高速道路で玉川温泉へ、岩盤浴近くの駐車場に到着。すでに他県ナンバーの車で満車状態でしたがなんとか駐車し、地熱のある岩場「岩盤」に到着。岩場には小屋があったがすでに満員。白いロープの向こう側がやけに空いていたのでロープを越え、ゴザを敷いて横になりました。すると、知らないおじさんが「そこは危険区だよ!ここがいいよ」と教えてくれました。なんて親切な人なんだ!

おじさんの指定する場所にゴザを敷き、頭からタオルをすっぽりとかぶり、仰向けに横になります。すると……おおっ! 背中に大いなる地球のエネルギーを感じる! 凄すぎる! 当たり前ですが、人工の岩盤浴とはまったく違います。これは効く!と感じさせるパンチがあるんです。個人的な感想ですが、5分くらい横になって背中を温め、起きあがったら体が軽くなっていました。こんなにも多くの人が遠方からわざわざ来る理由がわかる気がします。

岩盤浴をしている人達は、見知らぬどうしなのか知り合いなのか、あちこちで会話をしていてそれが聞こえてきます。手術をして術後の回復促進のためとか、治癒力を高めるためだとか……。岩盤浴だけでなく、様々な人間模様を垣間見た気がしました。

必要なものとしては着替え(地熱で大量の汗をかく)、厚底のスニーカー(岩場はかなり熱い)、岩場に敷くイ草のゴザ(ビニールシートでは熱い)、タオルケットかバスタオル、水分補給のスポーツドリンクなど。くれぐれも危険区域には入らないように!

■玉川温泉・岩盤浴
住所:秋田県仙北市田沢湖玉川
アクセス:
夏期(4月下旬~11月下旬)と冬期(11月下旬~4月下旬)では大きく異なる。
11月下旬~4月下旬はR341の田沢湖側二神館⇔鹿角側澄川間が冬期通行止めとなり、一般車輌の通行ができなくなる。
・バス…「田沢湖駅」発の路線バスには、「玉川温泉行き」「蒸けの湯行き」「八幡平頂上行き」があり、いずれも玉川温泉を経由
・車…東京からは東北道盛岡IC~田沢湖~玉川温泉
URL:http://www.tamagawa-onsen.jp/spa/ganban.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。