素早くかまえて、腰を落として、力をいれずに、とにかくボールを打つ!

テニス初心者が、ラリーが続くようになるコツは「素早くかまえる」「腰を落とす」「力を抜いて振り子打法」「ボールを打つ感覚をつかむ」です。詳しく解説していきます。

■相手が打ったら、すぐラケットを後ろに引いてかまえる

初心者は、ボールがどの位置に飛んでくるか正確に予測できないため、ボールが来る位置に移動するのに時間がかかってしまい、いざ打とうとしてかまえたときには、もはや手遅れ、振り遅れ、ということになりがちです。相手が打ったら、すぐラケットを後ろに引いてかまえ、いつでも打てる体勢のまま、ボールを追いましょう。

■常に腰を落として同じ姿勢で打つ

腰を落として打つということは、ワンバウンドして地面に落下する直前の、ボールが最も失速して打ちやすくなったところで打つ、ということを意味します。目の前にボールがあっても、あわてて打ち返そうとせず、ボールをよく見て、落下してくるまで待って、常に腰を落として打ちましょう。同じ姿勢で繰り返し打っているうちに、ボールを打つタイミングの取り方や、ボールを確実にラケットの面の中心でとらえ、まっすぐ打ち返す技術が身についてきます。

■力を抜いた振り子打法で

わたしが教わったコーチは、力を入れる必要がないことを理解させるため、親指と人差し指でラケットをつまんだ状態でラリーをして見せてくれました。強打で相手をねじふせようというのならともかく、ラリーが続くようにしたいという初心者にとっては、力を込めてラケットを振るのは、空振り、打ち損ね、場外ホームランのもとです。打つというより、当てるだけという気持ちで、力を抜いてラケットを振るよう心がけましょう。振り子が重力で自然に振れるように、ラケットを握って後ろに引いた腕が、ラケットの重さで自然に振れるようなイメージで、全く力を入れずに振る、振り子打法が最適です。これなら初心者でも、すぐに安定したスイングでまっすぐ打ち返せます。

■とにかくボールを打って感覚をつかむ

ラリーが続くようになるには、フォーム云々より、まず、ボールを確実にラケットの面の中心に当てられるようになることが大事です。これは実際に飛んで来るボールを打たないと身につきません。素振り100万回より、ボールを1回打つほうが、はるかに効果的です。相手がいないければ、壁打ちでも良いので、とにかくボールを打ちましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。