金銭管理を学ぶに効く!カードの使い方

利用明細を確認しながら使えるカードは、使いすぎを防ぎ、計画的に利用しやすくなります。

前回の記事は、Visaデビットカードとはどういうものなのか、ということをお話ししました。今回は実践編です。海外では日常用に使われるVisaデビットカードですが、この日本でも同様の使い方が生活の利便性を増し、かつ金銭管理をしやすくするものとなります。

即時決済が家計管理に効く

何と言ってもメリットは即時決済。お財布からお金を出す感覚なので、使い過ぎを防止できます。残高がないと利用できないので、常にいつ、いくら使ったかを意識するようになりますし、残高がなければ購入をあきらめるという判断もしやすくなります。同じカード決済をするでも、自分がいま出せる金額でしか使えないというところで、使いすぎを防止できるメリットがあるのです。

ネットで利用確認がお金の管理の流れをスムーズにする

Visaデビットカードを取り扱う銀行にはがネット銀行が多く、ほかの銀行でも契約の仕方によっては、残高や利用明細をはネットで確認できます。使い過ぎやあといくら使える予算があるかな? など確認しながら利用できるのです。カード払いの明細も見える化されると安心です。

以下は我が家の明細の一部。私の飛行機代も支払っているので、少々金額が張ってしまっていますが、航空券代などは別口座の予算の中から、支払金額を支払口座に移して支払う、といった管理をしています。
金銭管理を学ぶに効く!カードの使い方

店名は伏せさせていただきました。


この例は楽天銀行さんのものですが、ほかの銀行でも同じように明細が見れると思います。