2012年8月29日(水)に第2弾リリース『St@rdust Collection Inc』をドロップするミトメマコトさんにインタヴュー!

エレクトロの研究に明け暮れ……

ガイド:
ミトメさん、お久しぶりです。新作『St@rdust Collection Inc.』はデビュー作より約1年ぶりのリリースとなりますが、公式ページのプロフィールを読んでいて、「エレクトロの根本を探り、研究に明け暮れ……」という部分を見つけて、すごく好感を持ってしまいました。 僕もそうなんで、特に「研究に明け暮れ」という箇所に。その研究成果が今作品なんですよね。昔から研究とかそういうの好きだったんですよね?

ミトメ:
お久しぶりです。そうですね、一人でこもってコツコツやるのは昔から好きでしたね。常に自分なりに結論というか「○○だから○○だ」って理論的に解釈したいんだと思います。だから、常にどこか冷静なんですよね、何を見ても「あれは○○だから○○なんだ」とか考えちゃって……すごく嫌な性格です(笑)。

ガイド:
で、実際どのような研究をされていたんですか?

ミトメ:
mitomemakoto

ミトメマコト

新しいものを生もうって気持ちよりは、逆に自分自身が好きな音楽を掘り下げるところから始めました。それで好きものだけを抽出して、成分を調べるっていうか、それを理解しました。それをエレクトロと掛け合わせていく作業ですね。「好きなもの」と「好きなもの」を足しても「もっと好きなもの」になるとは限らないんですね。料理と一緒で(笑)。

音楽を理論的に解釈とか、理解とかっていうと、偉そうだし誤解を招きそうですけど、自分なりの納得でいいんです。今回は現時点の解釈でできたものなので、まだまだ研究は続きます(笑)。

Daft Punk + 郷ひろみ?

ガイド:
aorizm recordsに、今作品に対するコメントとして「(前略)誤解を覚悟で比喩すれば、まるで郷ひろみをゲストヴォーカルに迎えたDaft Punkのよう。」と書かせていただいたのですが、大丈夫だったでしょうか?

ミトメ:
むしろ光栄です(笑)。「2億4千万の瞳」、カラオケで歌いますし!

ガイド:

それ、聴いてみたい(笑)!