とくに一人暮らしをしている方にオススメのアイデアを紹介いたします。

自分中心にものを置かない

自分がいつもいる場所(ベッドやイス)から手の届く範囲中心にものをおく習慣をつけてしまうと、行き場所がなくなったものが床に置かれるようになってしまいます。
面倒くさがらずに、きちんときめられた場所にものを置く習慣をつけることが大切です。

せまい部屋に住む

一時期、ひとり暮らしの寂しさを紛らわせるために、空きスペースに色々ものを置いていました。その延長で床がちらかりがちに…。
広い部屋だと殺風景でも、せまければ同じ荷物量でも気にならなくなります。
環境を変えると、生活スタイルも変わります。個人的にはこれが一番効果的でした。

吊るし収納を活用

つっぱり棒とS字フックを使って、傘やカバンはもちろん、クリップをつけてデンタルケア用品なども吊るして収納しています。
工夫しだいでいくらでも応用が利くので、所有物が変わっても使えるのが便利です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。