ビジネスで使える便利な、Excel関数

EXCEL

 

どれが1番という事はありませんが、既出以外で実際に私が業務に使用している関数を紹介します。

HLOOKUP/VLOOKUP

別表を横方向/縦方向に検索し、値を取り出す関数です。同じデータを元に、違う集計を出したいときに使っています。

SUBTOTAL

22通りの方法を指定して集計させることができる関数です。特に、連続した範囲の中で非表示にしている値を無視して、SUMやCOUNTの関数の計算をさせられるのは便利です。

WEEKDAY

曜日を表示させたいときに使っています。正確には曜日を整数で返す関数ですが、IFと併用すれば文字で表示できます。当番表のようなオリジナルカレンダーには役に立ちます。

WORKDAY

開始日から起算して、指定された稼動日数だけ前または後の日付に対応する値を出します。土・日・祝日を除いた日を稼働日と考えるので、銀行関連の業務に役立てています。

EOMONTH

月末の日にちを算出します。日数の計算や、カレンダー作成時に、IF関数の条件の一部として組み込んで使う事が多いです。

パソコンに疎い先輩から「こんなことは自動でできないのか?」と聞かれて、調べた結果、初めて知る関数もあります。なので、ウザがらずに耳を傾けるようにしています(笑)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。