シンガポール最大の植物園施設
ガーデンズ バイ ザ ベイがオープン

説明写真

左がスーパーツリー、その奥に広がるのが巨大ガラスドーム型の温室とみどころ満載 ©Gardens by the Bay 

今シンガポールで最も注目のマリーナ地区に、またひとつ、話題のスポットが誕生しました。

2012年6月29日にオープンを果たしたのは、シンガポール最大となる植物園施設、ガーデンズ バイ ザ ベイマリーナベイサンズの東側に、総面積約110ヘクタールという広大な敷地を有するガーデンズ バイ ザ ベイは、ベイ サウス、ベイ イースト、ベイ セントラルの3つの庭園から構成されるのですが、今回はまずマリーナサウス地区にある、ベイ サウスがオープン。約54ヘクタールの敷地面積を誇る、ベイサウスには、フラワードーム、クラウド フォレスト、スーパーツリー、ヘリテージ ガーデン、ワールド オブ プランツ、ドラゴンフライ&キングフィッシャー レークの6つの施設がオープン。多彩なアトラクションが充実したガーデンの中でも特に注目の、スーパーツリーとフラワードーム、クラウド フォレストをご紹介しましょう。

18本の巨大人工ツリー、スーパーツリーで空中散歩

ベイ サウスの中心にそびえ立つ、未来都市のツリーをイメージさせる人工の木、スーパーツリー。高さが25~50メートルもあるこのツリーは、養成植物やシダ類を含む200種、162900本以上の熱帯植物を外壁に巻いた高層庭園です。18本あるツリーの中の2本のツリーは、OCBCスカイウェイという全長128メートルの空中散策路で繋がっていて、ここからはガーデン全体を見渡す、雄大な景色を堪能することができます。さらに、一番高い50メートルのツリーの頂上にはレストランも開業予定だとか。楽しみですね!

スーパーツリーの周辺は、マレー庭園、インド庭園、中国庭園から植民地時代の庭まで、シンガポールならではの個性あふれる10の庭園が取り巻いています。

巨大ガラスドームに広がる2つの世界

ベイ サウスでひときわ目立つ巨大な2つのガラスのドームに入っているのが、フラワー ドームとクラウド フォレスト。

説明写真

常夏の国シンガポールで一番心地いいスポット? フラワードーム

ドーム型温室のひとつ、フラワー ドームは、天井高45メートル、面積1.2ヘクタールを誇る、世界最大の柱のない温室! ドーム内の気温は23~25℃に保たれており、赤道直下の国シンガポールにいながら心地よい空気に包まれる幸せを感じられる場所になっています。ここでは高度な技術を駆使して、地中海やカリフォルニアなどの地域の春を再現していて、オリーブなどの地中海植物や、バオバブなどの半乾燥熱帯地域の植物などが鑑賞できます。

フラワードームよりさらに高さのある、もうひとつのガラスドーム、クラウド フォレストでお出迎えしてくれるのは、高さ35メートルの超巨大な人工の山! ミスト噴射で作られた人工の雲が取り巻くこの山、なんと頂上からは人工の滝も流れ落ちていて、かなりの迫力! ここでは寒冷な高山が再現されています。山の頂上は標高2000メートルの設定となっていて、エレベーターで頂上まであがってから、標高1000メートル設定の滝の裏側まで、高山植物を観察しながら散策を楽しむことができます。

ガーデンズ バイ ザ ベイの最寄駅はMRTベイ フロントですが、MRTマリーナ ベイからは無料のシャトルバスも運行(9:00~21:00で約10分間隔で運行)。アクセスも便利ですので、ガーデンシティシンガポールが誇る、広大な植物の世界を訪れてみてくださいね。

<DATA>
■Gardens by the Bay(ガーデンズ バイ ザ ベイ)
住所:18 Marina Gardens Drive
TEL:6420-6848(+65)
時間:5:00~翌2:00
※フラワードーム、クラウド フォレスト、OCBCスカイウェイは9:00~21:00
料金:無料
※フラワードーム、クラウド フォレスト共通鑑賞券28シンガポールドル(3~12歳15シンガポールドル)、OCBCスカイウェイ入場券5シンガポールドル(3~12歳3シンガポールドル)
アクセス:MRTマリーナ ベイからシャトルバスで約7分

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。