ミュージアムやデパートのカフェで気軽に

アフタヌーンティーは予約しておくに越したことはありませんが、出国前に予約する余裕がなかったり、急に予定が変更になったりした場合でも、心配はいりません。気軽にアフタヌーンティーが体験できる場所は沢山ありますよ。

おすすめなのは、美術館や博物館内のカフェやデパート内のカフェ。ミュージアム見学やショッピングの一休みもかねて、アフタヌーンティーが体験できます。土日や人気スポットの場合は多少並ぶ場合もありますが、ミュージアムやデパート内カフェの特徴は、回転が早いこと。しばらく待てば入れることがほとんどです。

英国王室御用達 フォートナム&メイソン

英国王室御用達デパート、フォートナム&メイソン

英国王室御用達デパート、フォートナム&メイソン

王室御用達食材店としてあまりにも有名な、300年の歴史を誇る老舗デパート、フォートナム&メイソン。アフタヌーンティーがいただけるのは、4階にある「セント・ジェームス・レストラン」(St James's Restaurant)です。

スタンダードなアフタヌーンティーの他にも、ベジタリアン用メニューや、お誕生日用の「バスースデー・ティー」など特別メニューも用意されています。

人気のティースポットなので、予約はしておいたほうが安心です。予約の目安は、平日なら一日前まで、週末なら2~3週間前までに。

<DATA>
Fortnum and Mason(フォートナム&メイソン)
アフタヌーンティー:月~土 14:00~19:00、日 12:00~16:30
住所:181 Piccadilly, London W1A 1ER
予約:上記ウェブサイトからオンライン予約可

大人気ティールーム リバティー

リバティ

こぢんまりしたティールームはいつも満席の大人気

老舗デパートのリバティーでは、店内にある2つのカフェでアフタヌーンティーを出しています。リクエストすれば、イチゴジャムの代わりにローズペタルのジャムにしてくれるのが、リバティーならではの素敵なサービスです。

地上階にある「ティー」(Tea)は、いつも満席の大人気ティールーム。20数席ほどのこぢんまりした空間ですが、リバティーらしいインテリアの中、アフタヌーンティーが楽しめます。また、2階(日本でいう3階)にある「カフェ・リバティー」(Cafe Liberty)は、「ティー」とはかなり趣の異なるモダンでポップな雰囲気ですが、座席数も多いので、待ち時間は短めです。

<DATA>
Liberty(リバティー)
アフタヌーンティー:毎日 12:00~
住所:Liberty, Great Marlborough Street, London W1B 5AH
予約:不可

 

ファッショニスタ御用達! ハーヴィー・ニコルス

ハーヴィーニコルスのアフタヌーンティー

ハーヴィーニコルスのアフタヌーンティー

ファッションセレブ御用達のデパート、ハーヴィー・ニコルスの5階にあるカフェ「フィフス・フロア・カフェ」(Fifth Floor Cafe)では、カジュアルで開放的な雰囲気の中でアフタヌーンティーが楽しめます。

混んでいる時間帯は「優雅なひととき」という雰囲気ではないのが少し残念ですが、カジュアルに美味しくオシャレなアフタヌーンティーを体験したい人にはオススメです。夏なら、ぜひテラス席をリクエストしてみてくださいね。

<DATA>
5th Floor Cafe at Harvey Nichols(フィフス・フロア・カフェ ハーヴィー・ニコルス)
アフタヌーンティー:毎日 15:00~18:00 
住所:Harvey Nichols, 109-125 Knightsbridge, London SW1X 7RJ