新築マンションは時期次第、
中古は豊富だが、古い物件は小規模中心

平坦地

線路沿い、綱島街道沿いなど平坦地は少ない。街全体として緑が多いのも特徴

昭和の早い時期から開発が始まった街であり、かつ平坦地が少ないため、新築マンションの供給は適当な土地がなく、たまに出るといった状況。特に徒歩10分圏内は希少で、価格は70平米前後で4500万円~といったところです。

 

マンション

日当たり、眺望、静けさなど住環境に恵まれたマンションも多い

中古マンションは築40年以上のものから築数年まで各種ありますが、古いものは地元の会社が作った小規模な物件が多く、専有面積では60平米以下が中心。築年数の経った小規模物件は価格は安いものの、修繕積立金などが高くなっているケースもあるので、注意が必要です。価格の目安は築20年前後、徒歩10分前後の70平米で3000万円前後、10年前後、徒歩5分圏などと条件が良くなってくると4000万円以上はします。

 

一戸建て

街のところどころで建設中、販売中の一戸建ての現場をみかけた

新築建売一戸建てでは5000万円がひとつの目安。ただし、駅に近いとなると土地面積が60平米台の3LDKになりますし、10分以上歩くとなると土地面積が100平米前後と家全体が広くなります。利便性、広さ、いずれを優先するかで選択するということになるわけです。

 

アパート

単身者の場合、生活の利便性は重要なポイント。厳しくチェックする必要がある

賃貸ではワンルームマンションで6万円~、2DKマンションで10万円前後~、単身者向きアパートとなると、4~5万円という物件もあります。ただ、駅を離れるとコンビニエンスストアはもちろん、自動販売機もないエリアがありますから、周囲の利便性チェックが大事です。

 

駅舎新設の告知

計画では4階建ての駅舎とあり、店舗なども入ることになっていた

とはいえ、菊名は新横浜へ一駅、日比谷線直通を利用すれば都心へも一本で、始発電車(ただし、各停のみ)もあるという交通の利便性には優れた場所。加えて、今後、駅舎の建て替えも計画されており、生活の利便性も高くなっていくはずです。現在だけでなく、将来を考えて選択するという手はあるかもしれません。

 



■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。